学生のあなたが都合の良いアルバイトをする事が大事! | 時給・日給だけで判断しない

学生のアルバイト

inseng0 / Pixabay

学生がお金も困る事は理由に事欠きませんね。
デート・飲み会・付き合い・遊び・一人暮らし・バイク・車・学費などなど挙げていたらきりがありません。

そんな中、できるだけ金欠にならずに生活するにはアルバイトが必須になります。
あたりまえですが…

ただし、時給・日給だけで仕事を選ぶと大変な事になるのでどのようなアルバイトが満足度が高かったかを、色んな学生からアンケート取って比べてみました。

満足度が高いアルバイト:まかない付・塾講師・家庭教師

順当な結果といえば順当ですね、やはり時間あたりの効率が良い塾・家庭教師とまかない付
のアルバイトの満足度が非常に高いです。

塾・家庭教師も短時間でそれなりに稼げるのがいいですね、月5万はいけるのではないでしょうか?
もちろん、生徒の成績とは向かい合う必要がありますが…

人に教えるのはちょっと…という人には、まかない付が人気でした。
学生にとって食事が無料というのは非常に大きなアドバンテージですね。

特に一人暮らしをしているかたの満足度は非常に高かったです。
なので、意外と居酒屋・コンビニ・スーパー(配属先による)・CAFEの満足度が高いです。

アンケートから見ると、多少、時給が安くとも「まかない付」を選んでいる学生の方が多いですね。
満足度が高いとアルバイトの継続性・安定性も高い傾向があります。

満足度が高いと結果的に継続的に勤務できて、最終的には意外と稼げている感じです。

失敗パターン:時給・日給だけで選んだアルバイトに多いです

もちろん、どうしても月に??円お金が必要ってのがある学生の方もいて、時給・日給を基準にして選ぶしかないのもあると思います。

ただ、そういった場合でもキチんと内容を見て選ばないと大変になるパターンがあります。
例えば、日給1万円のアルバイト…

各駅のチラシを補充するというもの。
好きな時間に出来て日給は1万円。

一万円は魅力ですが…

よくよく確認すると合計29駅のホームをチェックし、必要があれば下車してチラシを補充するという作業が必要なのです。
これだけ考えても重いチラシを持っての電車の乗り降りや次の電車を待つ時間のロスがあり、実際にかかった時間は7時間だそうです。

時給に換算すると710円ほど…
どう考えても割の合わないアルバイトだったとの事です。

次にありがちが深夜アルバイト。
深夜はどのバイトでも時給は高くなるのですが、やはり体力との相談になります。

徹夜明けで授業、サークルや部活をしてさらに深夜バイトとなると体がもちませんし、体を壊してしまうとバイトすら入れなくなって余計に稼げなくなるという悪循環になります。

なので、できれば深夜バイトについては少し余裕がでる3回生からをお勧めしますし、アンケートでも3回生以上になってから深夜バイトを選択している学生の方が多かったですね。

深夜であがったのは断トツでコンビニでした…
コンビニも最近は24時間営業をやめるとこも出てきたので今後はどうなるかわかりませんが…

なので、深夜バイトや日給が良いバイトは裏にどのような弊害があるかきちんと確認してから選ぶようにしましょう。

番外編:女子だけの特権? キャバクラでのバイト

これは、うまく男性をかわせるコミュニケーション術を持っている女子学生ならおすすめかもです。

メリットととして、まずキャバクラのバイトは単発で入れてくれる星の数程ある!
さらに面接が他の昼間の単発のバイトよりも簡単!

なので、本当にピンチになったときはさくっと1万円くらいは簡単に稼げます。

さらに、1度入った事があるお店なら入りたい時に電話をすれば簡単に雇ってくれたりします。

なので、お金が足りない女子学生の方にはすごい都合の良いアルバイトだと思います。
本職にするのはあれですが…

学生でお金を困らない様にするにはのまとめ

ここではアルバイトメインで書きまししたが、日々の倹約はやっている前提ですw
アルバイトをしているからって散財していると厳しくなりますからね(あたりまえですが…)

いずれにせよ、学生は体が資本ですからまずは自分がこなせる範囲で一番効率がよい仕事を探しましょう!

時給・日給も重要ですがやはり継続して稼げるのがポイントなので継続して稼ぐ+可能性を探すバイトをたまに混ぜながら単発で入るってのがおすすめです。

学生のみなさん、アルバイトでうまく稼いでくださいね!

尚、どうしてもお金を足りなくなって学生だけどお金を借りたい場合は、アルバイトしていればお金を借りる事が出来ます!

どの様にしてお金を借りればよいかは 「学生でお金がない時のおすすめ学生ローン」 でまとめてくれているので確認してみるといいですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする